第三銀行の定期預金では、期間を設定して預け入れる一般的な定期預金、決まった金額を預けて入れていく積立定期預金を取り扱っています。平成26年2月28日現在、第三銀行の定期預金金利は、3年の期間に300万円以下の金額を預け入れた場合で、0.025%となっています。全く同じ金額を普通預金で預けた場合は、その金利が0.020%となりますから、正直言ってどっちにしても資産を増やすために活用ができる商品とは言えないようです。

ちなみに平成26年2月28日現在、3年間300万円以下の金額を預け入れた場合、最も金利が高いのは静岡銀行の定期預金です。その金利は何と驚きの設定ともいえる、0.350%となっています。ただし、この金利は静岡銀行のインターネット支店を経由して申し込んだ場合の金利設定となります。これは、いわゆる定期預金のキャンペーン金利と言うものですが、キャンペーン金利を適応しないと、その金利は静岡銀行と言えども0.025%となり、第三銀行の定期預金金利と全く変わらなくなります。ですので、定期預金のキャンペーン金利を含めての情報収集を大切にしたいです。

また、金利にとらわれずユニークな定期預金と言えば、宝くじがついてくる定期預金などが一時期話題になりましたが、第三銀行では「熊野古道定期」なる商品を扱っています。これは顧客にメリットがあまりあるわけではないのですが、預金残高に応じて自動的に世界遺産でもある熊野古道の維持管理に必要な資金への寄付を行うタイプの定期預金です。世界遺産に興味のある方、歴史ロマンに思いをはせる方であれば、地域貢献もできる定期預金ですので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。